最新の投資環境見通しをご紹介します

もっと読む

石炭火力関連を投資対象から除外

2050年までに炭素排出量をネットゼロにする取組みを達成するため、M&Gでは温暖化の大きな影響を与えると言われる、石炭火力関連の投資を先進国では2030年まで、新興国では2040年までに投資対象から除外することを決定しました。

LIBOR

2021年末までに、各通貨建てのIBORは新しい指標金利に置き換えられます。各国の金融規制当局は、業界のワーキンググループと緊密に連携して、代替となる指標金利の特定作業を行ってきました。