株式

新興国インカム

インカム収入という独特の視点をもつ戦略であり、長期にわたり、安定的で魅力的なインカム収入と元本成長を目標に、新興国の株式と社債の両方に投資します。

当社は、新興国の株式と社債には、多様で幅広いインカム収入獲得の機会があると信じています。

株式と社債は補完的な関係にあります。債券は通常、株式よりもボラティリティーが低く、高いインカム収入が期待できます。株式は、元本成長の期待が高い傾向がある一方、債券よりもボラティリティーが高くなります。

債券への投資から比較的高いインカム収入が得られることにより、株式への投資に当たっては、配当利回りだけでなく、元本及び配当の成長にも期待できる銘柄の選択が可能になります。

まず、ボトムアップにより株式と社債の両方の「ベストアイデア」を見いだし、次に、目標を達成するために最適な債券・株式のアロケーションを決定します。

両資産クラスとも最低アロケーションを25%に設定しており、株式と債券への投資比率は、その時々において最も理にかなった比率にします。

関連するインサイト

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Donec odio. Quisque volutpat mattis eros. Nullam malesuada erat ut turpis. Suspendisse urna nibh, viverra non, semper suscipit, posuere a, pede.

Donec nec justo eget felis facilisis fermentum. Aliquam porttitor mauris sit amet orci. Aenean dignissim pellentesque felis.