インフラストラクチャー

インフラストラクチャー・デット

プライベートデットに分類されるインフラストラクチャー・デット(「インフラデット」)は、公共部門または民間部門が保有する重要なサービスや構造物の開発と維持に資金を提供します。インフラデットの利払いは通常、病院、橋などのさまざまな資産の使用から得られる賃貸料などで賄われます。

インフラデットは、通常、市場の動きや景気循環との相関が低く、長期にわたって安定したキャッシュフローから生じる収益が期待できます。デットは変動金利のこともあれば、またインフレ連動のこともあるなど、高い柔軟性を持ち合わせています。幅広いセクターにインフラ案件は存在しており、高い流動性を有する案件もあれば、低い流動性の案件もあります。

M&Gは数十年にわたってインフラデットで大きなポートフォリオを築き上げ、案件の組成、実行、積極的な資産管理の実績を積み上げてきました。M&Gが誇る精緻な信用分析と徹底したデューデリジェンスは、パフォーマンスを挙げるのが困難である可能性のある案件を厳格に除外することに焦点を当て、安定したパフォーマンスを挙げることを目標としています。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Donec odio. Quisque volutpat mattis eros. Nullam malesuada erat ut turpis. Suspendisse urna nibh, viverra non, semper suscipit, posuere a, pede.

Donec nec justo eget felis facilisis fermentum. Aliquam porttitor mauris sit amet orci. Aenean dignissim pellentesque felis.