プライベートデット

不動産シニアデット

当戦略は世界中の商業用不動産を担保としたデットで運用しており、デットの利息の原資は通常、不動産の賃料収入です。

シニア債は投資適格債と同等の信用度があり、多くの場合、第一抵当権を有しており、万が一デットがデフォルトとなった際は、貸し手は担保不動産の所有権を確保することができます。

当戦略は、規模が大きく確立された商業用不動産市場において、定期的なインカム収入を伴った魅力的なリスク調整後リターンとともに、実物資産の担保権を提供することを目的としています。このようなローンは、通常流動性が低いため、同等の信用度があり格付けが付与された社債に対してのプレミアムを享受することができ、特定のコベナンツやその他の契約事項によって与信が保全されています。

スペシャリストで構成されている運用チームは、2008年以来、弁済順位の異なる商品の運用とともに、ホールローンの組成を通じて、投資家が希望する幅広いリスク・リターン特性をもつ商品に大きなロットの資金を配分できるようにしました。当社の厳格な審査基準と慎重に交渉される財務コベナンツは、投資物件の状況悪化の際でも、万全な与信保全が図れるように設定されています。

関連するインサイト

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Donec odio. Quisque volutpat mattis eros. Nullam malesuada erat ut turpis. Suspendisse urna nibh, viverra non, semper suscipit, posuere a, pede.

Donec nec justo eget felis facilisis fermentum. Aliquam porttitor mauris sit amet orci. Aenean dignissim pellentesque felis.