不動産

アジア不動産

長いトラックレコードをもつ当戦略は、アジア太平洋地域の先進諸国に所在する質の高い不動産への投資を通じて、長期的なキャピタルゲインと安定的なインカム増を目標としています。

安定したインカム収入と逆風環境に強いポートフォリオ構築に焦点を当てた当戦略は、優良な所在地、信用力の高いテナント、長期の賃貸契約、国際標準のコベナンツを有し、コアの投資対象として急速に成長している投資機会をお客様に提供することを目指しています。現在は、日本、韓国、香港、シンガポール、オーストラリアの物件を中心とした分散効果の高いポートフォリオとなっています。

運用チームはアジア太平洋地域で10年以上の運用経験を有しており、シンガポール、ソウル、シドニー、東京に拠点を構えています。

当戦略はアジア太平洋地域のコア不動産に投資する機関投資家向けのオープンエンド戦略としては、最も長いトラックレコードを有しています。

事例:セントロポリス、韓国ソウル市

この案件は韓国の2つの年金基金とのパートナーシップによるもので、2つのタワーからなる最先端のマルチユースオフィス、地下のショッピングモール、中世都市の遺跡がそのまま展示されている博物館で構成され、省エネルギーと環境設計におけるリーダーとしての証明書を授与されました。

関連するインサイト

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Donec odio. Quisque volutpat mattis eros. Nullam malesuada erat ut turpis. Suspendisse urna nibh, viverra non, semper suscipit, posuere a, pede.

Donec nec justo eget felis facilisis fermentum. Aliquam porttitor mauris sit amet orci. Aenean dignissim pellentesque felis.