レバレッジド・ローン市場展望 2021年はどのような年になるか

30 分間で理解する 24 2 21

サマリー: ローン市場は、まだ有意義な利回りを提供する債券市場の数少ない分野の一つであり、その結果、ローン市場は2021年も投資家の関心を引き続けると考えています。これから慎重な楽観主義がもてるかどうかは、パンデミックの猛威のなか、年前半にワクチンの接種がどこまで進むかにかかっています。しかし、その他にも政策ミスやウイルス突然変異を含む多くのリスクが先にあるので、その際には市場ボラティリティが再上昇する可能性があります。

昨年予想された企業セクターへの懸念は、プライベート・エクイティ・オーナーを含む広範な流動性支援のおかげで根拠がありませんでしたが、2021年には予想される一定水準のデフォルトリスクに適切に対応することが求められます。欧州ローン市場の発行体はデフォルトリスクからは比較的遠いところにあります。これはローン発行企業の多くが、ビジネスモデル、企業価値、市場シェアなどの面であまり大きな影響を受けずに、今回の危機から抜け出しつつあることを意味します。

続きを読む

投資元本は変動し、投資から得られる利益は上昇することもあれば、下落することもあり、お客様の投資元本は保証されません。