プライベートクレジット- 楽観的な見方が拡大しているが、まだ注意が必要

12 分間で理解する 15 3月 21

サマリー:パブリック市場での取引量が回復したため、当然ですが、足許の数四半期におけるプライベートクレジット市場での取引量も増加し、プライベートクレジットのユニバース全体で中身の濃い投資案件のパイプラインが充実してきています。

現段階での2021年の残り期間の展望としては、市場は、ワクチン接種が進んでいるとの報道と各国政府による刺激策を受けて、短期的な脆弱性を材料視していません。楽観的になれる理由はありますが、最近の債券市場での投資家の不安感を勘案すると、今後も注意を払う必要があり、プライベートクレジットの貸手が新しい投資機会を評価する際は、厳格に案件を選択することを続けるべきだと考えます。
 
最新のレポート『注目されるプライベートクレジット市場』で詳細をご覧ください。このレポートでは、環境・社会・ガバナンス(ESG)についてと、プライベートクレジット投資においてESGがどのように役割を果たしているかについても解説しています。

続きを読む

投資元本は変動し、投資から得られる利益は上昇することもあれば、下落することもあり、お客様の投資元本は保証されません。

本項に記載されている内容は現時点におけるM&Gの見解であり、投資に関する推奨、助言に該当するものではなく、また将来の状況やパフォーマンスを予測するものではありません。

当資料は、一般的な情報提供を目的としており、金融商品取引業登録に基づく業務又は当社関連会社が組成するファンドの持分等の勧誘を目的としたものではありません。

By M&G Investments