プライベートクレジット市場 - 適合し、適応し、対応する

8 分間で理解する 10 12月 20

サマリー:足許で上場クレジット市場が比較的安定し、ボラティリティーが低下してきたことを受けて、プライベートクレジット市場での取引量も回復してきており、案件の成約を進め、新規案件の交渉を開始したいとする声が市場関係者の間で高まっています.

これは、プライベートデット市場にとり、年末に向けて良い兆候だと考えます。

多様な興味深い投資機会がクレジット市場全体に現れ始めていますが、今までとは異なる現在の市場環境で運用するにあたっては、引き続き銘柄選択が鍵となります。

続きを読む

投資元本は変動し、投資から得られる利益は上昇することもあれば、下落することもあり、お客様の投資元本は保証されません。

本項に記載されている内容は現時点におけるM&Gの見解であり、投資に関する推奨、助言に該当するものではなく、また将来の状況やパフォーマンスを予測するものではありません。

当資料は、一般的な情報提供を目的としており、金融商品取引業登録に基づく業務又は当社関連会社が組成するファンドの持分等の勧誘を目的としたものではありません。