スポットライト‐プライベートクレジット市場

10 分間で理解する 1 9月 20

サマリー:各国でロックダウンが徐々に緩和され、前例のないほどの金融刺激策の実施を受けて、プライベートクレジット市場はどのように反応したか。

プライベートマーケットが慎重に動き始めるなかで、クレジット市場全体のどのような分野に新しい投資機会が現れるかについてのインサイトを提供します。

  • 急速に新規案件がパイプラインに現れ始めるなど、プライベートデット市場は活発化していますが、一般的にこのような傾向は、条件交渉において貸し手に有利な状況をつくりだします。
  • 足元の案件は、危機以前に比べて、条件とストラクチャー面で貸し手が有利な立場で交渉できるようになりました。
  • プライベートデット市場は引き続きテクニカルとファンダメンタルズの両面で追い風を受けており、見通しは良好です。

続きを読む

投資元本は変動し、投資から得られる利益は上昇することもあれば、下落することもあり、お客様の投資元本は保証されません。

本項に記載されている内容は現時点におけるM&Gの見解であり、投資に関する推奨、助言に該当するものではなく、また将来の状況やパフォーマンスを予測するものではありません。

当資料は、一般的な情報提供を目的としており、金融商品取引業登録に基づく業務又は当社関連会社が組成するファンドの持分等の勧誘を目的としたものではありません。