有望視される賃貸住宅市場

2 分間で理解する 27 9月 21

人々にとって、今や健康とウェルビーイング(満足できる生活状態)は最優先事項であり、ウェルビーイングを高めることができる住居を求めています。パンデミックが収束するに従い、民間賃貸セクターでは、賃借人とコミュニティとの連携が強化され賃貸住宅を一段と良いものにしようとする動きが強まると予想します。

生活環境の善し悪しは、住居環境の快適性やいろいろな面での適合性から隣人やコミュニティとの関係まで、住居に対する満足度に大きな影響を与えると考えます。

自宅で過ごす時間が長くなったことで、人々は生活空間に何が必要かについて敏感になりました。ロックダウン期間中は、ベランダや共有の庭など、外の空間へのアクセスは生活の命綱でした。仕事専用の部屋があることも、人々の精神面に大きな影響を与えました。したがって、手頃な家賃で、賃借人のニーズを充たすことができる住居は、賃借人の健康につながるとM&Gは考えます。

『パンデミックが収束するに従い、民間賃貸セクターでは、賃借人とコミュニティとの連携が強化され賃貸住宅を一段と良いものにしようとする動きが強まるのではないかと考えています。』

賃借人の注目を集める魅力的な設備

賃借人は、プライベートジム、設備の整った仕事空間、宅配便の受け取り、電気自動車の利用など、高い水準の設備が備わっていることを求める傾向をますます強めています。「体験する」ことへの人々の関心が高くなってきており、生活環境を活気に満ちたものにする魅力的な設備に対する需要がますます高まっています。ヨガスタジオ、シアタールーム、友達をもてなすことができるスペース、 住民が楽しむことができる屋上テラスはその例です。

賃借人のウェルビーイングにとって大切な他の居住者とつながり

自然の光が私たちの健康と生産性を向上させることが知られているように、住む場所をどのように感じるは、私たちの健康に影響を与えます。これには、建物のデザインが重要です。しかし、周りにいる人々とのつながりをどう感じているかということも重要な役割を果たしているとM&Gは考えています。

賃借人同士が環境に溶け込めるかどうかは多くの場合、共有スペースや物件内でのイベントを通じて築かれる人間関係にかかっていると言っても過言ではありません。パンデミックの間、困っている人々に対する住民や物件のスタッフによる支援集会が行われるなど、コミュニティの大切さも賃借人は共有するようになりました。

他者と協働することにより物件の質を一段と向上させる

賃借人と積極的にコミュニケーションを図ることやコミュニティを支援する活動は、より良い環境に役立つとM&Gは考えています。これは、住民が選んだ地元の慈善団体を後援することや、賃借人にとって重要な事柄やコスト削減策を提供することなど、デジタルツールを活用してメンタルヘルス関連の慈善団体や地元企業を紹介することによって実現できます。

更にもう一歩踏み込んで、資産運用会社はコミュニティ内の包括性を促進させ、物件を活力のあるものにすることができると考えます。地元のグラフィティアーティストに魅力的な空間作りを依頼することはその一例です。地方自治体が掲げる地域再生構想の実現に協力することも、最終的には賃借人にとってプラスに働くことになると考えています。

積極的なアプローチが暮らしやすい住居につながる

資産運用会社の行動が賃借人のウェルビーイングにプラスの変化をもたらす可能性が高いとM&Gは考えています。不動産業者は、賃借人が求める実用的・社会的ニーズの変化に対応することで生活のあらゆる場面で満足できる住居を提供することができます。このようなアプローチは、賃貸住宅業界に革新をもたらし、その結果、賃借人がより長く住みたくなるような、より良い住まい生み出すことにつながると考えています。

投資元本は変動し、投資から得られる利益は上昇することもあれば、下落することもあり、お客様の投資元本は保証されません。

本項に記載されている内容は現時点におけるM&Gの見解であり、投資に関する推奨、助言に該当するものではなく、また将来の状況やパフォーマンスを予測するものではありません。

当資料は、一般的な情報提供を目的としており、金融商品取引業登録に基づく業務又は当社関連会社が組成するファンドの持分等の勧誘を目的としたものではありません。

不動産運用戦略についてもっと調べる

もっと見る